gomaの雑記

いろいろ

C#

土曜にVS Community 2017RCをインストールしてC#を書ける環境を用意した。

とりあえずフォント比較する変なのとか

えっちゲーの攻略サイトのコピペテキスト開く変なのとか作った。

今日ふとTwitterのクライアントでも作ろうと思い、調べたら楽そうなライブラリがあったのでらこさんのブログを参考にしながら作った。
laco0416.hatenablog.com

とりあえずPINで認証してツイートするだけの基本機能だけ実装した
f:id:g0ma:20161129003523p:plain


最初のツイートがこれ

クライアントの名前はELTのアルバム「commonplace」の隠しトラックから。

気が向いたらタイムラインの表示とかしたい。あと認証情報保存しないといちいち登録するしかなくて面倒だからそれもかな。

中身はこんな感じ

using CoreTweet;
using System;
using System.Collections.Generic;
using System.ComponentModel;
using System.Data;
using System.Drawing;
using System.Linq;
using System.Text;
using System.Threading.Tasks;
using System.Windows.Forms;

namespace TwitterClientSample
{
public partial class Form1 : Form
{
public Form1()
{
InitializeComponent();
}
/* 変数 */
OAuth.OAuthSession session;
CoreTweet.Tokens tokens;


// OAuth認証するのにブラウザへ移動
public void StartOauth_LinkClicked(object sender, LinkLabelLinkClickedEventArgs e)
{
session = CoreTweet.OAuth.Authorize("CK", "CS");
var url = session.AuthorizeUri;
System.Diagnostics.Process.Start(url.ToString());
}

// PINを入力したらアクセストークンをGETする
private void GetToken_Click(object sender, EventArgs e)
{
tokens = session.GetTokens(PinCode.Text.ToString());
WhatsHappening.Enabled = true;
PinCode.Enabled = false;
}

// ツイートする
private void Tweet_Click(object sender, EventArgs e)
{
tokens.Statuses.Update(status => WhatsHappening.Text.ToString());
}
}
}

一度使ってみたかったシンタックスハイライト
WhatsHappeningはツイート入力欄のtextboxのこと。