gomaの雑記

いろいろ

フォルトゥーナ体験版やってみた

少し前に書いた十六夜のフォルトゥーナの体験版が10/18日にリリースされたので冒頭を少しやってみました。

f:id:g0ma:20131022231204p:plain

 

やってみた感想

まず思ったのが、

KeyのAIRっぽい

なんか主人公が絵を描きながら旅をしているしヒロインの母親がどことなく観鈴の叔母さんに似てるし夏だし・・・

 

それからBGMも八木沼さんなのですごいfripです。

起動した瞬間思わず

八木沼だあああああああああああああ

って叫んでしまいました。

 

他に背景は結構しっかり描かれていますね

f:id:g0ma:20131022232314j:plain

 

・システムとかコンフィグとか

感想下手くそな文あまり書いてると馬鹿ってばれるのでゲームの仕様とかその辺

 

エンジンはビジュアルアーツのSiglus Engineを採用しててそこそこ高いスペックを要求してきます。

んでエンジンがエンジンなので色々とエフェクトが凝ってます。タイトル画面の輪っかみたいのとか陽炎のゆらゆらとか

で、これが重いんですよ

オンボードグラフィック(HD Graphics 4000)なので・・・

スリムノートだから排熱もしょぼいのですぐ70℃以上まで温度上がってファンの音がうるさくてやばい

ただクオリティはその分高いです、それなりに。

 

コンフィグは最低限の設定しか無いです

同じエンジンのはつゆきさくらと比べるとちょっと物足りないですね。

 

・ファイルとかデータとか

次はゲームデータファイルについて

f:id:g0ma:20131022233436p:plain

体験版のゲームデータのサイズは1.3GBでTwitterの公式キャラ垢の発言では中盤まで遊べると言っていたので恐らく7~10時間分のデータ+Hシーンと思われ。

 

データは吉里吉里とかのアーカイブと違いデータファイルがフォルダの中に入ってるだけなのでファイル名くらいは見れます(変換ツールがあれば見ることができるんですが)。

 

とりあえず私が書けるのはこれくらいなので今回はこれくらいで

 

それではノシ